肝機能改善とオルニチンの関係

健康診断を受けると、肝機能障害を指摘される人は意外と多いようです。肝臓に異常が見られても、表立った症状が表れることは少ないので、きちんと健康診断を受けていないと、かなり進行してから発見されることになります。
肝機能改善にはオルニチンが有効です。オルニチンを継続して摂取すると、肝機能の指標であるALTやγ-GTPの値が低下していきます。
オルニチンの肝機能改善との関係において、着目したいのが成長ホルモンの分泌作用です。成長ホルモンの働きによって、脂質代謝が改善したり、肝臓に蓄積されてしまった脂肪が分解されたりします。その結果脂肪肝や肝機能が改善されるのです。
このように、肝機能改善に非常に有効でありながら、元々は体内に存在するアミノ酸です。不足したら食べ物から補うことができ、シジミに多く含まれています。最近ではサプリメントもたくさん売られていますので、コンスタントに摂取するにはそれらを利用するのが賢い方法です。
肝臓の機能を回復させて一定の働きを保つことで、疲労回復に役立ち、疲れにくい体を手に入れることができます。また、睡眠中の成長ホルモンの分泌量が増加するとも言われていますので、健康増進に大きな意味を持ちます。