肝機能とガンマgtpの関係

肝機能を調べる上でガンマgtpは密接な関係にあります。
ガンマgtpは肝臓の解毒作用に働きかける酵素になり、アルコールに対して反応する性質をもっています。
腎臓や膵臓などにも存在している酵素になります。
肝臓や胆管の細胞が壊れると血液中にガンマgtpが流れるようになります。
血中に多くなってもそれ自体は体に悪影響を及ぼすことは無いのですが、さまざまな疾患が原因で数値が高くなっています。
肝臓の細胞が破壊されて肝機能障害を引き起こす肝炎や肝臓に脂肪がつく脂肪肝・アルコール性肝障害・薬物性肝障害・急性アルコール肝炎などの疾患にかかっている場合があります。
かなり数値が高い場合は胆道がんなどの場合もあります。
アルコールが好きな人は数値が高くなり、禁酒をすると数値が下がる性質をもっています。
アルコールを飲まない人でも数値が上がることがあります。
その場合は、肝臓病や胆石などの病気が疑われます。
肝機能を調べるGOTやGPTなどとセットで検査することが多く、比較的メジャーな検査項目になります。
数値が高くなっても体に症状があらわれないのが特徴で、健康診断や他の疾患で病院を受診したときに血液検査をおこなって判明することが多いです。