肝機能改善とDHA・EPAの関係

肝機能改善が期待できる成分としてDHAとEPAがあります。DHAの正式名はドコサヘキサエン酸といい、頭が良くなるとして脚光を浴び、サプリメントでも人気の高い成分です。
脳や神経、網膜などの生成に関わっていて、脳の情報伝達の促進や精神の安定、視力を良くするといった作用があります。
EPAはエイコサペンタエン酸といい、中性脂肪を減らして悪玉コレステロール値を抑えるといった働きがあります。

 

DHAやEPAは、オメガ3脂肪酸という多価不飽和脂肪酸であり、常温では固まりにくい性質をもっているため、体内でもサラサラの状態で存在します。
オメガ3脂肪酸には脂質異常症を抑える働きがあるので、血液中のコレステロール増加などによる脂肪肝の予防としても利用できます。

 

肝臓とコレステロールは深い関係があります。体内に取り込まれた脂肪は小腸で吸収されたあと中性脂肪となり、リンパ管を通して体内を巡り、やがて肝臓へと行き着いてコレステロールを善玉と悪玉に分類します。
肝機能改善するためには、めまぐるしく働く肝臓を休息させる必要があります。
オメガ3脂肪酸などの良質の油を摂ることは、悪玉コレステロールの摂取を抑えると共に、肝臓の負担を軽くする効果があり、肝機能改善に役立ちます。