肝機能改善サプリメント比較|肝臓にはどういったものが良いのか

肝臓などの機能は沈黙の臓器と言われているくらいなにかあったとしても症状が出ないことが多いです。
ですから症状が出た時には大変なことになっているということも考えられます。
ですからそうならないためには前もって対策を取っておくことが大事ではないでしょうか。
私も一時期毎日のようにお酒を飲む時期があり、肝臓に負担をかけていると思っていました。
その時期あたりから肝機能のことを考えてサプリメント摂取するようになりました。
そこで私も実際いろいろ飲んでいるので体験談も含めてそういった成分が配合された肝機能向けのサプリメントを紹介したいと思います。

肝機能サプリの成分といえば

肝機能のことを考えて取るサプリメントというといくつかの成分が挙げられます。
まずはしじみに多く含まれるオルニチン、最近よく耳にするようになったごまに多く含まれる注目成分のセサミン、牡蠣やシジミなどにも多く含まれるタウリンなどがあります。
ですからそういった成分が配合されているサプリメントが肝機能向けに作られていたり摂取している方が多いようです。
私もしじみ(オルニチン)や牡蠣(タウリン)などの成分が配合されているサプリメントを摂取しています。
そこで私が飲んでいるサプリメントなどおすすめのものをいくつか紹介したいと思います。

レバリズム・L

レバリズム・Lといえばまさに肝というところを意識したサプリメントということが言えると思います。
それは配合成分からわかるのですが、シジミエキス、牡蠣エキス、スクワレンなどが配合されています。

 

これらの成分がすべて国産のもので安心して利用しやすいのではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら⇒レバリズム

レバリズム・Lポイント

◇しじみエキス
しじみはオルニチンをはじめ様々なアミノ酸が含まれています。
肝臓の負担を減らすアミノ酸オルニチンが豊富に含まれています。
◇牡蠣エキス
牡蠣にはタウリンの他にも亜鉛などのミネラルが含まれています。
肝臓の解毒分解作用を助けます。
◇スクワレン
スクワレンはアイザメの肝油に含まれる成分で酵素と結びついて肝臓に酵素を運びます。

 

 

サントリー セサミンEX

サントリーといえば飲料メーカーとしてご存知の方ばかりだと思います。
そして、セサミンに関してもサントリーが有名ですね。
CM等でも流れていたりしますし知名度、実績があります。
セサミンを摂取したいという方はサントリーのセサミンEXかなと思います。

サントリー セサミンEXポイント

◇セサミン
セサミンはゴマ一粒に、1%未満しか含まれない希少なものです。
◇オリザプラス・トコトリエノール・ビタミンE
セサミン以外にもオリザプラス・トコトリエノール・ビタミンEが配合されており、ひとつひとつの成分の力を発揮させることなどを考えてバランスよく配合されています。

協和発酵バイオのオルニチン

協和発酵バイオのオルニチンといえばオルニチンサプリメントの中では実績知名度が高いです。
CMなどでも流れていたりするのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

オルニチン成分に重点を置いたサプリメントで知名度実績で選ぶならこれでしょうか。

協和発酵バイオのオルニチンポイント

◇1粒にシジミ300個分のオルニチン
1粒にシジミ300個分のオルニチンが含まれており豊富です。

 

肝臓の役割・はたらき

肝臓にはいろいろな働きがあります。
胆汁(たんじゅう)の生成、栄養の貯蔵、解毒・分解作用などがあります。
・胆汁(たんじゅう)の生成
胆汁(たんじゅう)は消化・吸収・排泄を助けてくれます。
・栄養の貯蔵
小腸で吸収したブドウ糖やアミノ酸などをグリコーゲンというものに変えられて蓄えられます。
また肝臓で変換された栄養などが血液を通って全身に送られます。
・解毒・分解作用
アルコールやアンモニアなどを解毒・分解して無害に変えてくれます。

肝機能低下の原因

では肝機能の低下の原因はなんでしょうか。
・アルコール
やはり一番に挙げられるのがアルコールの摂りすぎですね。
・食べ過ぎ
脂肪の多いものを食べ過ぎるとよくないです。
・肥満
肥満になると肝臓に中性脂肪がたまり肝機能低下につながります。

肝機能障害の症状

まずは倦怠感、食欲不振、発疹、黄疸などが挙げられます。
肝臓は沈黙の臓器と言われていて、こういった症状が出てもよくあることだし風邪か一時的な疲れと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。
ですからアルコールの飲みすぎ、肥満、食べ過ぎなどと言う方で倦怠感などがある方は疑ってみてください。

肝機能障害

肝機能が低下すると様々な病気につながります。

肝臓病

肝臓病でもいろいろあり、脂肪肝、肝炎、肝不全、肝硬変、肝癌
こういった肝臓の病気もつながっていたりします。

脂肪肝

肝臓に中性脂肪やコレステロールが過剰に蓄積する病気です。
・肥満が関係している単純性脂肪肝
・アルコールの過剰摂取によるアルコール性脂肪肝
・糖尿病、脂質異常症などアルコールとは関係がない非アルコール性脂肪肝
などに分類されます。

 

こういったところを放置していると肝炎などにつながります。

肝炎

肝炎にもいろいろあります。
・ウイルスが関係しているウイルス性肝炎
・アルコールの摂りすぎによるアルコール性肝炎
・薬を服用したことによって起こす薬物性肝炎
・免疫になんらかの異常がおきる自己免疫性肝炎
などがあります。

 

肝炎を放置しておくと肝硬変などにつながります。

肝硬変

肝硬変は肝臓が硬くなる病気で本来の働くをしてくれなくなります。
肝硬変になると改善する可能性もあるというところもありますが基本的に治らないと言われているので肝硬変になる前予防する必要があります。
そして最後は肝がんなどにつながる可能性があります。

まとめ

肝機能が低下してもなかなか症状にあらわれないので意識的に気を付けておくことが大事です。
そして、肝硬変などになってくると治らないと言われている病気ですので早めの予防が大切になってきます。
やはりアルコールの飲みすぎや肥満というところを気を付けることからだと思います。

肝臓とアルコールの関係

まずは肝臓とアルコールの関係を理解しておくことが大事です。
アルコールを摂りすぎると二日酔いなどになりますが、これは肝臓に運ばれたアルコールがアセトアルデヒドという物質に変化してそれが体内に残ることで二日酔いがおこります。
このアセトアルデヒドは有害物質で二日酔いとともに肝臓病の原因にもなってしまいます。
このアセトアルデヒドは脂肪の分解を抑えてしまうので中性脂肪が蓄積しやすくなり脂肪肝につながるという流れです。
さらにアセトアルデヒドは肝臓の細胞も破壊するのでそうすると肝硬変などにもつながります。

 

こういったところを踏まえて肝機能改善方法を紹介したいと思います。

肝機能改善予防方法

肝機能を改善する方法や予防もいろいろあります。

アルコールを抑える

やはり一番はアルコールを飲みすぎないというところでしょうか。
肝臓に負担をかける原因ですね。
アルコールと肝臓
アルコールは、90%以上が肝臓で処理されます。
多少のアルコールなら問題ないのですが大量に長期間飲み続けると処理が追い付かなくなり炎症を起こしたり(肝炎)します。
肝臓とアルコールの関係でも書きましたが肝臓の働きが衰えて様々な病気につながってきます。

食生活の改善

暴飲暴食は肝臓に負担をかけてしまいます。
ですから栄養バランスの良い食生活を心がけることが大事です。
特に脂肪の多いものを食べ過ぎないことです。
肥満が肝機能障害にもつながるので肥満予防も大事です。

運動

運動をすることが大事です。
運動不足の方は太り気味の人が多く、脂肪も多いです。
ですから肥満にならないように適度が運動が良いです。
それと他にも筋肉が肝臓の働きを助けているということなんです。
筋肉はアンモニアの無毒化やエネルギー代謝にも関係していて第二の肝臓と言われています。
ですから有酸素運動も筋トレもどちらも良いということです。

肝臓に良いとされている成分(食べ物・飲み物)を摂取する

肝臓の働きを助けてくれる成分などもありますのでそちらを紹介したいと思います。

タウリン(牡蠣)

肝臓と言えばタウリンというくらい、キーワードとしてよく出てきます。
ではないぜタウリンが良いと言われているのでしょうか。
タウリンはアルコールを体外に排出しやすく分解してくれて、分解をサポートしてくれるということなんです。
ですからアルコールをよく摂取するという方はタウリンを意識的に摂取するのも良いのではないでしょうか。
タウリンが多く含まれる体表的な食べ物は牡蠣です。
髪にはビタミンやミネラル、アミノ酸なども豊富に含まれていて栄養も豊富なので肝臓にも良いですね。
牡蠣ばかりは食べられないのでサプリメントなどで補うのも一つです。

オルニチン(シジミ)

肝臓には有害な物質のアンモニアを分解してくれる働きがあるオルニチンサイクルというものがあるのですが、オルニチンにはこのオルニチンサイクルをサポートする働きがあるということなんです。
ですからアルコールをよく飲む人はオルニチンも一つです。
オルニチンが多く含まれている食べ物はしじみがあります。
シジミは上で紹介したタウリンもしっかり含まれていてビタミンやミネラルも豊富に含まれています。
シジミの味噌汁なども良いのですが塩分の摂りすぎにも気を付けましょう。
シジミを効率よく摂取することを考えるとサプリメントなども一つではないでしょうか。

シークヮーサー

シークヮーサーの果汁が肝機能改善に効果がある可能性がるということが研究で分かったそうです。
シークヮーサーの果汁がアルコールなどの成分を解毒する受容体を活性化させることが確認されたそうです。
シークヮーサーならシークヮーサージュースやシークヮーサーの原液なども販売されています。

セサミン(ごま)

まず体の錆びつき(老化)の原因である活性酸素というものをご存知でしょうか。
この活性酸素を多く発生させるのが肝臓です。
セサミンは活性酸素を除去する強い抗酸化作用が期待できます。
さらには血中のアルコールの分解を促進してくれる効果が期待できます。
ではゴマを食べればよいのかというとゴマには油など良くないものを含まれているのでセサミンを抽出したサプリメントなどが効率的で良いのではないでしょうか。

クルクミン(ウコン)

クルクミンはポリフェノールの一種で、これは黄色い色素で食べ物の色を付けるのに使われたりします。
肝臓との関係でいえば胆汁の分泌を促進してくれたり、肝臓のアルコール分解を早めてくれるなどです。
胆汁がしっかり分泌されると脂肪の分解にも良いです。

まとめ

肝臓に良いとされている成分(食べ物)はいろいろあります。
大体アルコールの摂りすぎの人に良いとされる成分が多いですね。
あとはいろいろある成分の中で一番に紹介するならタウリンでしょうか。
タウリンといえば牡蠣ですね。
牡蠣は様々な栄養が豊富に含まれているので良いですね。

肝機能が悪いとはどういうことなのか

これから年末年始になると、忘年会や新年会などでお酒を飲む機会も増えるのではないでしょうか。
このお酒ですが、適量に飲むと身体にも良いのですが、飲みすぎる場合には、肝機能に影響してしまいます。
肝機能が悪くなり、肝炎などを引き起こす可能性もありますので、要注意です。
肝機能が悪いとは、肝臓の機能を低下させることであり、肝臓は病気になって無症状のことが多いのですが、倦怠感や黄疸などの症状が現れると、病態がかなり進行しています。
肝臓は食物をエネルギーに変えたり、消化液である胆汁を生産しますが、肝機能が低下することで、これらの働きが鈍くなり、身体に毒素が蓄積されてしまうのです。
そのため、疲れやすくなったり、倦怠感が起こり、進行すれば肝硬変などになる恐れもあります。
このようなことから、食生活などにも気をつけることが大事です。
アルコールは適量に飲み、毎日の飲酒は控えるようにしましょう。
一日のアルコール量はビールならば中瓶一本、焼酎ならば半合が目安です。
このような量に注意しながら、適度に楽しむことが大事です。
また、食事も脂ものを控え、シジミなどの肝臓に良い食材を取るようにしましょう。
ストレスや睡眠不足も身体には影響します。
適度に発散するようにしましょう。

オルニチンサプリメントについて

肝機能改善に良いとされている成分にオルニチンがあります。
これはしじみなどに多く含まれている成分でCMなどでも流れていたので聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
バランスの良い食事というのが良いでしょうが、なかなか難しいという方はオルニチンを摂取してみるのも良いのではないでしょうか。
私もお酒をよく飲みますし、偏った食生活になっているのでオルニチンサプリメントを飲んでいます。
オルニチンのサプリメントといってもいろいろあるのでいろいろ比較してみると良いと思います。
よければこちらのオルニチンサプリなどを参考にしてみてください。

更新履歴